代表紹介


ホームページ用肖像写真2016

ナウヒアジャパン代表

中村公亮

(なかむら こうすけ)

1965年生まれ。関西外国語大学(英米語学科)卒業後、三井物産グループ会社でオフィスファシリティの営業担当としてトップセールス不動の記録を樹立。

2年後、労務管理・人材開発コンサルティングファームに転身。数年間に渡り、エグゼクティブサーチのヘッドハンターとして数十名の管理者を人材紹介。

その後10年間、外資系コンサルティングファームで現場密着型コンサルタントとして、業務改革推進プロジェクト・企業再生・事業承継に携わり、主にプロジェクトマネジメントを担当。

企業の組織能力強化・生産性向上を目指し、経営幹部・中間管理職の潜在的なマネジメント能力の具現化を支援。上場企業を中心として数十社に関与。

知行一致が成果創出の鍵という信念をベースに、年間100名以上のマネジャーを対象にした『共創共育』のマネジメントコンサルティングを展開。

独立後16年間、「個の成長」「組織の活性化」「企業の業績向上」を主眼に、1on1セッションによる人財育成及び成果創出プログラムを実施。東証一部上場企業の執行役員・経営幹部候補・中間管理職の人財開発に従事。現在までにクライアント26社70プロジェクトを遂行。

2007年 多摩大学大学院 MBA 経営情報学研究科 修士課程を修了。
『企業経営におけるビヘイビアチェンジの研究』を題目に理論構築に取組む。

2009年より10年間、経営行動科学学会の会員として在籍。

2010年 東京商工会議所で『思い込みの壁を打ち破って業績アップ』を講演。

2011年より数年間、外資系企業のシニアコンサルタントとしても活動。

2018年 コンサルファーム3社とパートナーとして業務提携。

2019年 早稲田大学 MBA Essentialsを履修。

2020年 ライフシフト大学 MLA 人生経営学 煉士過程を修了。